Shoko Masunaga 益永梢子

「色に高さがある」そう認識したのは20歳になる前の頃。
図書館でPiet Mondrianの画集にあったBroadway Boogie Woogieのページを見ていたときの事だった。
それと同時に「線の定義」とは何だろうかと考え始めた。
絵画と向き合う前に、「色の高さと線の性質」に興味を持ったことが私の制作活動の始まりだった。

見慣れた街を歩き、目に見える景色をよく観察し、そのものが持っている機能を無視してみる。
いつもの街全てに毎日違う時間が流れ、毎日違う心情のもと、異なる条件で同じ街の別の景色が見えてくる。
ある日は枯葉がダンスのように舞い落ちる際に及ぶ力学に恍惚とする。

景色を異なるように見せている条件や、葉が落ちる際に働く風や重力の作用に興味があるようだ。
自分のことながら後から知ることの方が多い。

私の制作は作品が置かれる環境を観察し、作品とその環境がどのように相互作用できるのかと思考することから始まる。
そして大抵は手順をルール化し、ぼんやりと、しかし明快な(矛盾している)イメージに向かう。
それは、行き先までの地図は持っているが、辿り着くまでの道のりで大いに道草を食い、行く先を忘れている瞬間が無数にある、そんな感じだ。

独りただ進もうとしていると、ぼんやりと明快なイメージは少しずつ肉眼で見えるようになる。
そうして目の前に現れたものには毎回「はじめまして」と挨拶する。

私はいつもどうやって来たのかを思い出せないでいる。
最近になってようやく分かってきた。

天候やその時々の心情に影響され移ろう微妙な色彩や、無数に異なる感触を持った線のようなものを個々に認め、悩み続けること。
それらがそれのみでは発揮できないような元来備えている能力を最大限引き出すこと、見つけること。
それが、私が描こうとしているものなのかもしれないと。

2021年 益永梢子

 

It was before I was 20 years old that I realized that color has depth. 

At that time, I was looking at the “Broadway Boogie Woogie” page in Piet Mondrian’s art book at the library.
I began to wonder, what is the “definition of lines”?
Being interested in the height of color and the characteristics of lines was what lead to my thesis on “what is the painting?”

Walking through a familiar city, observing the visible scenery closely, I often ignore the functions that a substance has and may see a three-dimensional scenery as two-dimensional things.
Different times flow in the familiar city every day, and It’s under different emotions every day. Different views of the same city can be seen under different conditions.
One day, I was ecstatic about the dynamics of leaves falling down like a dance with wind.

I seem to be interested in the conditions that make a landscape look different and the effects wind and gravity have when leaves fall.
There are many things that I notice later about myself.

My creation begins with observing the environment in which the work is placed and thinking about how the piece and that environment can interact.
And most of the time, I make a rule and an algorithm towards a vague and clear image (contradiction).

For instance, it feels like an experience where there are countless moments when I find something that attracts me on my journey while holding a map causing me to forget about my destination.

As I try to start my creation, the vague and clear images gradually become visible physical substances.
I greet them as they start to appear in front of me by saying, “Nice to meet you”.

I can’t always remember how I arrived at my final destination. 
I have been noticing just recently individual subtle colors are influenced by the weather, the emotions of the moment and lines with innumerable different feelings. I will keep considering what is hard to catch, maximize and find the abilities that they originally have that they cannot exert on just their own. That is what “to create a painting” is for me.

2021 Shoko Masunaga

 

 

本を机の上に置いて、ざっと並べる。
そこには有機的な線と無機的な線があるような気がする。
目の前にみえるものを地図のように見晴らすと、色が高さや低さを持ってこちらへせり出してくるように感じる。
その感触を抽出する為に絵画を用いていたが、
ある時、色を塗った紙を切り取って貼付けていると、色が掴み取れるかのような空間性を感じた。
描かれたものは、絵画独自の抵抗として現れるので、
もし、私が「絵を描く」というなら、その抵抗をも問わなければならないだろう。
私の「絵画の制作」はこうして始まった。

やがて、私の制作する絵画は間違うことも壊れることも必要とした。
絵画を拡張しようとしていたが、現前したのは、どこにも属することのない作品だった。
絵画でも彫刻でもなく建築でもなく、絵画でも彫刻でもあり建築とも関わりあるもの。
それらは切断と接続を繰り返し、どこかで繋がることを信じている。
終わりなく、常に始まり続ける途方もない道のりのように。

 

I see things like a map: the relationship between the color of objects in relation to each other affects the depth of which I perceive them; when I see books lined up on the desk, I see organic and inorganic lines among them.

When I began creating art, I tried to instill what I perceive into my work. I painted on paper and then began to cut the paper. I was overwhelmed to discover that by physically holding the pieces of paper I painted, I was better able to capture the sensation and experience of how I perceive color and line. By going beyond the simple use of paint on a frame piece of canvas alone, I am able to impart a more accurate depiction of what I see.

This lead me to consider, what is a painting? How do other aspects of creating work with paint transgress this definition? This has become the fundamental idea I am doubt with.