Shoko Masunaga 益永梢子

2017 ” VOCA 展(The vision of contemporary art)” 上野の森美術館

われわれの小さな地図も、のびゆく蔓に貼りついているとは
(Even Our Tiny Maps Are Stuck onto the Growing Ivy)

アクリル、ダーマト、カンヴァス、アクリル ボックス  木製パネル 65×39×5cm が6枚
(Acrylic and Dermatograph (grease pencil) on canvas, acrylic box, wooden panel)

6点1組のこの作品のタイトルは、フランツ・カフカの小説『われわれの小さな町は、およそ国境沿いにあるとは』に着想を得て付けられている。平坦な筆触で彩色されたカンヴァスの断片が、折られたり巻かれたりしてアクリルボックスの中に詰め込まれている。これら構成物は、観者に正対するアクリルボックスの表面をひとつのレイヤーとして、ある種の絵画のように透けて見えるだろう。益永梢子は、絵画を特権的な芸術ジャンルとして自らのうちに位置づけながら、絵画、彫刻、写真、インスタレーションといった異なる形式が要請する諸原理を露呈すべく制作を続けてしている。益永はこれまでにも、たとえばカンヴァスを断片的に切り取ることで物質性と平面性を強調し、その側面や裏面にも観者の視線を誘導したりすることで、絵画の条件を問い直してきている(2011年-)。あるいはこの作家が従来から取り組んできた別の絵画のシリーズでは、カンヴァスに塗られる色彩の数、絵具を塗る順番、マスキングを付けたり剥がしたりする順番が、制作過程においてあらかじめ作家自身によって設定されている(2000年-)。ひとたびルールが設定されれば、アルゴリスムに従って作品はある意味では自動的に産出されるというわけだ。つまり益永がここで重きを置いているのは、作品制作においてルールを設定すること、すなわち絵画ないしは芸術の条件を規定する決断そのものなのである。
米田尚輝(国立新美術館研究員)

The title of this set of six works in inspired by Unsere Stadtchen light nicht etwa an der Grenze, a novel by Franz Kafka.Fragments of canvases colored with a float touch are folded or rolled up and stuffed into acrylic boxes. These structures may beseen through, with the surface of the acrylic box the viewer is facing as one layer, like a kind of picture. While regarding painting as an exclusive genre in art within her mind, Masunaga Shoko continues producing works in order to reveal, the manifold principles required by different formats such as painting, sculpture, photography, or installation. From2011, she has, for example,emphasized materiality and planarity by cuttingout fragments of canvases. By leading the viewer’os eyes to the side or back of the canvas, she encourages the viewer to reconsider the conditions of a painting. Alternatively, in another series of pain- tings she has been working on from 2000, the number of colors to be appliedto the canvas, the order in which the paint will be applied, and the order in which masking tape will be applied or removed are decidedby the artist herself before she starts producing the work. Once the rules are fixed, in a sense, the work is automatically produced according to an algorithm. In other words, what Masunaga place emphasis on is the establish- ment of rules in producing a work, that is, the decision itselfthat stipulates the conditions of a painting or art.
Yoneda Naoki
curater, The National Art Center, Tokyo

2016 「ルラン タット パダン パダン」“RURAN-DATT-PADAN-PADAN” gallery yolcha

自らが制作した立体作品を様々な角度から写真を撮り、その写真をもとに別の立体作品につくりかえる。
写真は物質を都合良く捉えることができます。写真を撮るという過程を、彫刻でいう「切る、彫る」 という手技と同様の制作手順として考えてみたいと思いました。
ところが、私が切り取った写真は壁を含んだアングルであることに気づきます。ならば、立体に起こす際、壁を含む必要があるように思いました。彫刻家の視点と画家の視点、ものを見ようとするときの差異がここにあるような気がしている。

I take pictures of the sculpture that I created from various angles, and then I will create another sculpture using these photographs.

It’s convenient to picture the substances. In my opinion, I think the process of “taking” pictures could be considered as the techniques such as “carving” and “cutting” in the process of making sculpture.

However, I noticed the photographs I cut off are in a status contains the angles that are subjected to wall. Therefore, I assume that when making a three-dimensional object, one should consider the comprehension of a wall. Accordingly, the difference of perspectives in term of seeing an object between a sculptor and a painter is mentioned above.

2016 ロームシアター京都 蔦屋書店内(常設)
Parmanent in public facilities
ROHM Theater Kyoto, Kyoto

2016 「Platform」 LOOP HOLE

platformの語源はflat formで「平らな台」のことを指す。地面より一段高くなった場所というところである。電車のホームの他に演壇、演台、舞台、という意味でも使用する。

作家は作品を設置するとき、水平器を持参し水平をとる。しかし、立っているその場所が水平だとは限らない。やむを得ず、自分の目を頼りにその場所での水平を探す。

作品を発表することは自分にとっての大声なのかもしれない。
平らな場所が用意されている訳でもない。ぐらぐらするこの地で、それでも立とうとする。

The origin of the word platform is “flat form”, which means a place that is one-step higher than the ground. In addition to the platform in a train station, the word also stands for rostrum and stage.

When an artist installs artworks, she/he would use a spirit level to make sure whether a surface is horizontal or not. However, not always the place where she/he stands is horizontal. Having no choices but to find the level of the place relying on the eyes by oneself.

For me, to publish my work is like speaking in a loud voice. There is no platform prepared for me. Despite the wobbling ground, I try to stand.

2015 「ポストにこれが届いていた」IONIO&ETNA 狩野岳朗 鈴木いづみ 益永梢子

2015 「Abstract Butter at HAGISO」HAGI ART (HAGISO)

2015 グループ展「絵画をつくる方法」”means of making painting” 児玉画廊(東京)
http://www.kodamagallery.com/picasa/iyp31.html

作品をつくる前に、作品を設置する際に壁に打つ釘の幅を任意で40cmと決める。キャンバスにハトメが付いているが、ハトメの位置が必ずしも40cm幅ではない為、たわみ、届かない場合もある。
そして、この空間で作品を入れ替えることが可能であり、それ自体も可変性を持ち合わせる。
釘が作品の形態を決定する一番初めの要素となる。

Before creating an artwork, I decided the width of the nail to hang the artwork to be 40cm first. 40cm is optional.
Though there are eyelets attached on canvas, where each eyelet located is not always matching the width of 40cm. Therefore, sometimes it may swag or does not reach the nail.
In addition to that, since it’s possible to change the artwork in this space, which means the object/artwork is transformable.
The nail is the first element to determine the form of an artwork.

2015 ワークショップ「朝食の晩餐」blanclass

半ば強制的に目の前にパンを乗せた皿が回ってくる。
いづれ、食べなければならない”食べる”という制約があるために、それらを粗雑に扱うことはできない。
作品として、”みる”と同じく”食べる”ということで”視覚と味覚(触覚)”を持ち、作品を目にしたときとは違い視覚以外のことが強調される。
制作に関わる条件として”食べる”行為は、どのような作用をもたらすのか。(作品の決定、判断の検証)

2015 「三つの机のあるところ」 ART Center Ongoing 秋本将人 臼井拓朗 益永梢子

2014 グループ展「複々線」

2014 「メディウムの条件」 ART CRITIQUE no.4刊行記念 HAGI ART(HAGISO)

2013 「Line / Color」 西山功一企画 ART TRACE GALLERY

「なぞる」という線。
身体性のある有機的な線と定規を用いた無機的な線のちょうど間にあるのが「なぞる」という線ではないだろうか。
色彩(絵の具)のフォルムを積極的になぞる。その感触は身体性を持ちつつ意識上で強制された部分がある。いわば、色彩を誘導する線とは真逆の、色に誘導される線を書く(描く)ことを試みる。

The line of “trace”.
I think the line of “trace” is what between the organic line with physicality and the inorganic line drawn by a ruler.
I aim to trace the form of coloring(paint). The feeling is something compelled in conscious while bearing the sense of physicality. So to speak, I attempt to draw the line that is guided by colors, which is contrary to the line leads the colors.

2013 「引込線2013」 旧所沢市立第2学校給食センター

2013 「七並べの途中」 美術手帖4月号 p157-160

2013 「in the dish」 瓜生祐子、益永梢子 成安造形大学内 ギャラリーキューブ

2012 「Abstract Butter」 Nidi Gallery

2012 「symphony」 gallery Face to Face

2011 「無花果の花」 gallery yolcha